ヒアルロン酸の働き

 

今、女性から絶大な人気を誇る「ヒアルロン酸」という成分をご存知でしょうか。多くの化粧品類に使用されており、支持されています。しかし、実際にヒアルロン酸が持っている力をご存知な人は少ないのではないでしょうか。普段、私たちを支えているヒアルロン酸についてもっと知っていきましょう。ヒアルロン酸に高い保水性があることは皆さんご存知のことでしょう。しかしそれだけではなく、生体機能の調節に必要不可欠な存在でもあります。

ヒアルロン酸の体内での働きは、以下の通りです。□細胞の支えとなっている。細胞を固定し、一定形状を保ち、細胞が壊れてしまったときや強い炎症が起こってしまった場合には細胞を修復させる機能があると最近の研究でいわれています。そのため、皮膚などに傷等できてしまった場合には、創傷治療促進に大きな寄与をしているのです。□目の支えとなっている。硝子体にヒアルロン酸が多く含まれており、緩衝作用や組織の形状維持を担っており、目の潤いを保つ働きもあるのです。□関節の支えとなっている。関節液、関節の軟骨などにヒアルロン酸が含まれており、潤滑作用を担っており、関節の動きをよくする働きをしています。

ヒアルロン酸はスキンケア商品に含まれていることが多いのですが、肌を守る以外にも重要な役割を担っており、私たちには必要不可欠な成分です。しかし、重要な役割を担ってくれているヒアルロン酸も年齢とともに減少してしまうもので、20歳以降から減少しつづけ60歳代では、20歳代の半分以下までに減少してしまうのです。体内でのヒアルロン酸維持は体の健康を守るためにも注意しなければならないのです。

○注目サイト
ヒアルロン酸の肌への効果を解説しているサイトです > > ヒアルロン酸 効果